うなぎお取り寄せランキング

うなぎの産地と名産地についてご紹介します。

最近の通販のうなぎはバカにできないほど旨いと評判で人気ですよね。少しくらい高くても、国産のうなぎは外国産と違って肉厚で脂が乗っててホント美味しいです。やっぱり鰻の身は箸で簡単に切れないとダメでしょう!

 

通販うなぎの蒲焼画像

 

そこで今回はうなぎの産地、名産地についてご紹介したいと思います。

 

うなぎの産地と言えば、国別で言うならまずは第一に日本の国産品。続いて中国産や台湾産のうなぎになるでしょう。

 

よくスーパで売られている安いうなぎの産地を見ると、ほとんどが中国産となっていますね。中国産のうなぎは身がパサパサしていて美味しくないのが多いように思います。

 

また、国産うなぎの名産地と言われるものは値段はそこそこ高いけど、安定した美味しさがあり、何と言っても素材そのものの安心感があります。

 

日本の食品衛生管理は世界屈指と言われますし、メードインジャパンの食材はお子様にも高齢者にも安心して食べさせられます。

 

国内うなぎで有名な産地と言えば、愛知の三河産や九州の鹿児島産、宮崎産。うなぎどころの静岡産、静岡の浜名湖産、四国の徳島産、高知産あたりでしょうか。

 

うなぎの養殖では鹿児島県がよく知られてますが、うなぎに貼ってあるシールに『○○産』と貼ってある場合、『○○県で養殖されたもの』ということになります。

 

しかし同じ産地でも時期による品質のばらつきがあり、その場所の水質や養殖をする人によってもうなぎの質が良かったり悪かったりするようです。

 

もっと安定してうなぎの養殖が出来ればいいのですが、うなぎの養殖も卵からシラスウナギに育てるまでの段階が大変そうです。だからまだまだ食材としてのうなぎは貴重なうなぎになるようです。

 

通販で美味しいうなぎを食べる機会があるときは、是非とも味わって食べましょう!